気まぐれ更新です。毎日楽しく行きましょう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ど根性大根ちゃん
2006年02月06日 (月) | 編集 |
お昼にきららちゃんからメールがありました。

「とく○ね」でど根性大根やってるよ~おこちゃま少し映ってたよ~」

慌てて「とく○ね」のチャンネルにしたけど、殆んど終わりかけ・・・。
またまた我が家の子供達がテレビに映ったみたい。
今度は全国区じゃないのぉ~~~

前は関西のテレビだったから、全国区は何だか嬉しい

その後もうーさんからも「とく○ね」に映っていたのはちおりん?ってメールが来たよ~♪


その後のど根性大根は・・・
ど根性大根 コピー作成へ「手術」 兵庫・相生
ど根性大根

何者かに折られ、「緊急手術」を施された後の大ちゃん=兵庫県相生市役所で05年12月27日、新井隆一写す
兵庫県相生市のど根性大根「大ちゃん」が3日、同県宝塚市の医農薬研究支援サービス会社「住化テクノサービス」で、「コピー大根」を作るための“手術”を受けた。茎を切り取って滅菌し、葉と茎の分かれ目部分から約0.5ミリの細片を11片採取、寒天状の培養液につけた。
同社は「極めて厳しい状況だが、培養して葉になる芽に変わればコピー大根誕生も夢ではない」としており、芽が伸びるかは約4週間で判明するという。
一方、茎を切った後の部分は相生市役所に戻った。同社は「残した茎部分にも芽があり、花や葉が付く可能性はゼロではない」としており、“再生の親”の同市職員、富山恵二さん(48)は「花芽が生きてるだけでも良かった。静かに奇跡を待ちたい」と話している。【新井隆一】
(毎日新聞) - 2月4日9時59分更新


それとね~こんなど根性大根のクッキーが発売されてま~す。
ど根性クッキー

◇兵庫県相生市でアスファルト歩道を突き抜け折られても再生したど根性大根「大ちゃん」を型押ししたクッキーが発売された。
 ◇市立授産施設「野の草園」(0791・23・6450)の障害者らが程良い甘さに手作り。1袋2枚入り100円で、県内5カ所で販売中。
 ◇大ちゃんの合格祈願シールで封をしたクッキーもあり、全国発送も受け付ける。「受験は甘くないが、ど根性で乗り切って」【新井隆一】
(毎日新聞) - 1月24日10時7分更新


一日限定100個って言ってたよ~。
買いに行ってもなかな手に入らないようです。
私もちょっと買いに行ってみようかしら??
運だめしだねぇ~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
数日前
このニュース見たよ。
大根のクローン作るとかで。凄いね。
このクッキーにもビックリだわv-12
何でも話題になったものは、商品化されるのね。
大根味のクッキーだったら楽しいのにv-290
2006/02/06(Mon) 23:06 | URL  | ウシャ #wlM9cqNQ[ 編集]
ウシャへ
本当に町おこしだね~。
合格祈願のクッキー・・・この時期ならでわだね。
大根味ってどんな味なんだろう?
それって面白いね。
さ~私のお口にいつ入るんだろう??
2006/02/07(Tue) 11:01 | URL  | さーこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。